So-net無料ブログ作成

気をつけよう 暗い夜道と… [今週のコラム]

私どもの塾では、毎週、希望者のご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、昨年11月12日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生保護者の方でメルマガ送信を希望される方は、ヨダゼミ佐久教室(0267-68-8320)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++

 11月に入って晴れる週末が多くなりましたが、10月中の土日はとにかく雨が降りました。台風もやってきました。それも2個も。10月に台風がやってくるなんて、これも地球温暖化のせいでしょうか。

 さて、そんな雨降りの10月28日(土)に、ヨダゼミでは漢検を実施しました。今回は諸事情のため、普段検定を行っている佐久教室ではなく、東進こども英語塾岩村田教室(ヨダゼミ佐久第2教室)で実施しました。検定終了後の午後6時過ぎ、検定監督だった私はすべての答案を集めて雨に濡れないよう箱に詰め、発送のため300mほど離れたヨダゼミ佐久教室に向かいました。右手に傘を持ち、左手に箱を抱えて真っ暗な道を歩くのはなかなか大変です。

 教室を出てすぐのところで、部活帰りらしい女子高生の集団とすれ違いました。すれ違うのはいいのですが、歩道いっぱいに広がって来るので往生しました。女性というのは、こんな年からすでに道いっぱいに広がって歩く習性があるのでしょうか。おばさんだけの専売特許かと思っていました。昔、美川憲一さんが「もっと端っこ歩きなさいよ」と言っていたCMを思い出しましたが、もちろんそんなことは口にせず、私のほうが端に寄りました。

 その瞬間、暗闇で見えなかった水たまりに右足を突っ込んでしまいました。しかも、靴幅と同じくらいの溝ができていたようで、靴底がすっぽりはまってしまい、なかなか抜け出せません。悪戦苦闘した挙げ句、何とか脱出できましたが、右足はびしょ濡れです。そのときにはくだんの女子高生たちは通り過ぎていましたが、心の中では彼女たちに対する呪いの言葉で満ちあふれていました。

 昔、「欽ちゃんのドーンとやってみよう」という番組の中で、視聴者から投稿されたネタに次のようなものがあったのを思い出しました。「夏のある日、昼寝をしているおばあちゃんの顔にハエが止まっていた。かわいそうなので追い払ってやろうと思って手であおいだが、ハエはなかなか逃げない。よく見ると、ハエはおばあちゃんの顔のしわに足を挟まれてジタバタしていた。」