So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
今週のコラム ブログトップ
前の10件 | -

下仁田町はタレントの井森美幸さんとコンニャクで有名です [今週のコラム]

私どもの塾では、毎週、希望者のご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、昨年12月6日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生保護者の方でメルマガ送信を希望される方は、ヨダゼミ佐久教室(0267-68-8320)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++

 11月19日に、スウェーデンのストックホルムで開かれた卓球のスウェーデン・オープン、女子ダブルス決勝で、日本の早田ひな・伊藤美誠(みま)組が優勝しました。早田選手は、11月12日に行われたドイツ・オープンの女子ダブルスでも平野美宇(みう)選手と組んで優勝しており、日本中に明るい話題をもたらしました。

 しかし、私はこのニュースを聞いて不思議に思ったことがあります。それは、私が見た限りのニュースメディアでは、どちらのペアもバドミントンのオグシオ(小椋久美子・潮田玲子)ペアや、高松(高橋礼華・松友美佐紀)ペアのように略称で呼ばれていなかったことです。卓球はバドミントンとちがって略称で呼ぶ習慣がないのかとも思ったのですが、ちょっと前には平野美宇・伊藤美誠組は「みう・みま」と呼ばれていましたから、そんなこともないようです。たぶん、女子卓球界は、人材が豊富で誰がペアを組んでも強いため、固定されたペアが生まれない。だから、愛称がつきにくいのかもしれません。
 
 話はガラッと変わりますが、師走に入り寒さが一段と厳しくなりました。こんな寒い日は、温泉に限ります。この前、内山峠を越えておとなり群馬県下仁田(しもにた)町の「荒船の湯」という日帰り温泉に行ってきました。男湯は室内に大浴場、泡風呂、サウナ、水風呂が各1あります。露天風呂もありますが、すでに紅葉が終わっていたための、あまり景色は楽しめませんでした。

 しかし、構いません。私はサウナが大好きなので、サウナさえ気持ちよければいいのです。しかし、入った瞬間「ちょっとぬるいな」と思いました。よく見ると遠赤外線を利用した低温サウナです。私は、やはりサウナはサウナらしく、カリッとした高温の方が好みなのでちょっとがっかりしました。しかし、長時間入ってみると、体の芯から温まるいいサウナだとわかりました。

 私が行ったのは平日の昼間だったので、お客さんはまばらで地元民らしいおじさんが2人いるだけでした。おじさんたちはスポーツ談義に花を咲かせていて、やはり卓球のペアには略称がない、とかいう話をしていました。そのうち「沖縄出身のペアがいて、名前が金城と玉城だったら略称はどうなる」というくだらない内容になり、思わず笑ってしまいました。

 この町の地名の由来がわかったような気がします。ここは群馬県下ネタ町、いえいえ下仁田町。(下仁田町のみなさん、すみません。ジョークです。お許しください)

気をつけよう 暗い夜道と… [今週のコラム]

私どもの塾では、毎週、希望者のご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、昨年11月12日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生保護者の方でメルマガ送信を希望される方は、ヨダゼミ佐久教室(0267-68-8320)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++

 11月に入って晴れる週末が多くなりましたが、10月中の土日はとにかく雨が降りました。台風もやってきました。それも2個も。10月に台風がやってくるなんて、これも地球温暖化のせいでしょうか。

 さて、そんな雨降りの10月28日(土)に、ヨダゼミでは漢検を実施しました。今回は諸事情のため、普段検定を行っている佐久教室ではなく、東進こども英語塾岩村田教室(ヨダゼミ佐久第2教室)で実施しました。検定終了後の午後6時過ぎ、検定監督だった私はすべての答案を集めて雨に濡れないよう箱に詰め、発送のため300mほど離れたヨダゼミ佐久教室に向かいました。右手に傘を持ち、左手に箱を抱えて真っ暗な道を歩くのはなかなか大変です。

 教室を出てすぐのところで、部活帰りらしい女子高生の集団とすれ違いました。すれ違うのはいいのですが、歩道いっぱいに広がって来るので往生しました。女性というのは、こんな年からすでに道いっぱいに広がって歩く習性があるのでしょうか。おばさんだけの専売特許かと思っていました。昔、美川憲一さんが「もっと端っこ歩きなさいよ」と言っていたCMを思い出しましたが、もちろんそんなことは口にせず、私のほうが端に寄りました。

 その瞬間、暗闇で見えなかった水たまりに右足を突っ込んでしまいました。しかも、靴幅と同じくらいの溝ができていたようで、靴底がすっぽりはまってしまい、なかなか抜け出せません。悪戦苦闘した挙げ句、何とか脱出できましたが、右足はびしょ濡れです。そのときにはくだんの女子高生たちは通り過ぎていましたが、心の中では彼女たちに対する呪いの言葉で満ちあふれていました。

 昔、「欽ちゃんのドーンとやってみよう」という番組の中で、視聴者から投稿されたネタに次のようなものがあったのを思い出しました。「夏のある日、昼寝をしているおばあちゃんの顔にハエが止まっていた。かわいそうなので追い払ってやろうと思って手であおいだが、ハエはなかなか逃げない。よく見ると、ハエはおばあちゃんの顔のしわに足を挟まれてジタバタしていた。」

立憲民主党結成 [今週のコラム]

私どもの塾では、毎週、希望者のご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、10月4日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生保護者の方でメルマガ送信を希望される方は、ヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++

9月25日(月)に安倍首相が衆議院を解散する意向を表明してから、やや唐突に衆議院議員選挙に突入することになりました。それだけでも驚きだったのですが、9月28日(木)に民進党の前原代表が、民進党と希望の党の合流を提案すると表明しました。いやあ驚きました。一時は日本の政権を奪取した政党が、何の実績もない生まれたばかりの政党に吸収されてしまうのですから。

そしてさらに10月2日(月)に民進党代表代行の枝野幸男氏が新党「立憲民主党」を結成すると発表しました。目まぐるしくいろいろなことが起こるので、どうしても理解が遅れ気味になります。まあ、それはさておき、立憲民主党というネーミングには懐かしい響きが漂います。明治の雰囲気ですね。今度、中高生にテストしてみたいです。

問題 「1889年に大日本帝国憲法が制定されたことにより、日本は天皇を元首とする(        )制の国家になった。(   )内に適する漢字四文字を入れよ。」とか出題するのです。正解は (立憲君主) 制ですが、語感が似ているため、 (立憲民主) 制と書く生徒が続出すると予想します。あるいは大隈重信が作った政党を、立憲改進党ではなく立憲民主党と書く生徒も出るのではないでしょうか。

高校生物では、イモリの受精した胚が将来どの器官になるかを示した図を学習します。この図は予定運命図(原基分布図)と呼ばれます。今から20年ぐらい前、DREAMS COME TRUE のヒット曲に「未来予想図Ⅱ」というのがありました。当時も生物のテストで、予定運命図ではなく未来予想図と書いた生徒がいたことを思い出しました。

マイナンバーカードを手に入れました [今週のコラム]

私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、9月24日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++

昨年から始まったマイナンバー制度ですが、みなさんはマイナンバーカードを申請しましたか? 自動的に届いた通知カード(紙製)の方ではありません。ICチップが入っていて顔写真も印刷されているプラスチック製カードのことです。住基ネットのときはほとんどの国民に相手にされず立ち消えになったので(実際にはまだ稼働しているそうですが)、今回も同じ事になるのではないかと思い、私もマイナンバーカードは申請せずにいました。申請しなかった理由は、他にもわざわざ顔写真を撮影して交付申請書に貼り付け、他人から盗み見られないように封筒に入れて投函しなければならないなど、申請が面倒なこともありました。

しかし、今回、マイナンバーカードを申請することにしました。今年になって息子の大学進学や車の購入などで、住民票の写しを取りに行くことが多くなり、いちいち役所に出向くのが面倒になったからです。マイナンバーカードがあれば、どこのコンビニでも住民票や印鑑証明書を発行してもらうことができるので、その魅力に負けてしまいました。7月中旬、しぶしぶ写真を撮りに行くことにしました。必要なサイズを確かめようと思って通知カードと一緒に送られてきた案内を見たところ、何とインターネットでも申請できると書いてあるではありませんか。顔写真も携帯電話やデジカメで撮影したものを添付すればよいとのことです。これでスピード写真の1200円を払わずに済みます。自撮りした写真は例のごとく手配写真のようになってしまいましたが、ま、いいでしょう。これで必要事項を入力して申請が済みました。

しかし申請したのはいいのですが、何月何日に受け取りに来てくださいという交付通知書がなかなか届きません。8月10日ぐらいになってやっと届きました。ネットで調べたところ、申請してから交付通知書が届くまで2~3週間かかると書いてありましたから、特別に遅いわけではないのですが、もう少しで申請したことを忘れるところでした。市役所はお盆期間中も通常どおり開いているので、8月16日に取りに行ってきました。

さて、これで念願のマイナンバーカードが手に入りました。これでいつでも住民票が取れます。ところがマイナンバーカードが届いた途端、住民票や印鑑証明がいる申請がパタッと無くなってしまいました。よく考えてみれば、そんな申請など人生で滅多にないことがわかるはずなのですが、短期間に申請が集中したのでこれからもたくさんあるように錯覚してしまったのです。しかし、これだけ苦労して手に入れたマイナンバーカードなので、どうにかして使ってみたいです。使うあてもないのにコンビニで住民票を出力してもいいのですが、手数料がかかるので無駄に出力したくありません。また、写真付き身分証明書として使うことも出来ますが、提示が必要になるシチュエーションというのもなかなかありません。ああ、早く使いたいなあ。

私事ですが、車を買い換えました の後日談 [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、9月3日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。

 私が7月に車を買いかえたことは、以前のコラムでお話ししました。購入して2ヶ月が経ち、来客のたびに「あれ、車かえた?」と聞かれることが多くなりました。8月初旬にも息子の同級生の母親と話をする機会があり、そのときも私が車を買いかえた話題になりました。

 女性は、一般的に車とかメカには弱いと言われています。現在はそうでない人も多いのかもしれませんが、そのお母さんはご多分に漏れず疎い人でした。「この人にこんなこと言ってもわかるのかなあ」と半信半疑でしたが、話をあわせるため「買ったのは(大衆車)カローラフィールダーであること」「排気量は1500㏄であること」「このご時世なのにマニュアル(トランスミッション)を選んだこと」「経済評論家の森永卓郎氏が激賞していたこと」などを話しました。

 8月15日夜、先ほどのお母さんの息子(と言っても私の息子の同級生ではなく、その兄)が、義母の新盆見舞いに来てくれました。このお兄ちゃんは普段、山梨で働いているので、久々の帰郷です。線香を上げてもらった後、少し世間話をしましたが、その中でお兄ちゃんから 「そういや、おふくろから聞いたんだけど、おっちゃん1500万のスポーツカー買ったんだって。見せてよ。」と言われたときは絶句しました。

 どうしてそんなふうに伝わるのかなあ。

トランプ大頭領 安倍昭恵首相夫人について「英語を話さない」と発言 [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、7月23日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。

 先週、ニューヨークタイムズのインタビューで、トランプ大統領が安倍昭恵首相夫人について「英語を話さない。ハローも言えないぐらいだ。」と発言しました。これについては「また、トランプ大統領お得意の失言だ」とか、「昭恵夫人は大統領との会話を避けるために、わざと英語を話せないふりをしたのではないか」など、いろいろな意見や憶測が飛び交いました。

本当に昭恵夫人は何も話さなかったのか、それともきちんと話したのにトランプ大統領が昭恵夫人をおとしめるような発言をしたのか真相はわかりません。ちなみに昭恵夫人は英語でスピーチしている動画が公開されていることから、そこそこの英語力はあるはずだと言われています。このニュースはもっと広まるかと思ったのですが、今週に入るとあっという間に下火になってしまいました。残念です。

このニュースを聞いて、私は次の話を思い出しました。これはビル・クリントンがアメリカ大統領だったころの話です。小中学生のみなさんは知らないと思いますが、ビル・クリントン氏は、昨年、トランプ氏とアメリカ大統領選で戦ったヒラリー・クリントン氏の夫です。

そのビル・クリントン大統領が訪日することになり、当時首相だった森喜朗氏が出迎えることになりました。森首相は英語に堪能(たんのう)ではなかったため、お付きの人が以下のようにレクチャーしました。「総理、クリントン大統領がいらっしゃったら、まず “How are you ?” (ご機嫌いかがですか)とおっしゃってください。」「うむ。」「すると大統領が “I’m fine. Thank you, and you ?” (元気です。ありがとう。あなたは?)と答えるはずなので、次に “Me too.” (私もです)と答えてください。後は我々が通訳します。」「わかった。」

当日、クリントン氏と対面した森首相、 “How are you ?” と言ったつもりが “Who are you ?” (お前は誰だ)と
言ってしまいました。クリントン大統領は慌てず騒がず、ウィットを効かせて “I’m Hillary’s husband.” (私はヒラリーの夫です)と答えました。しかし、「元気です。ありがとう。あなたは?」と答えたものと思った森首相がすかさず、“Me too.” と返したのでさすがのクリントン大統領も恐れ入ったということです。

実際にはこのエピソードはフィクションだそうですが、この手の話は好きです。

私事ですが、車を買い換えました [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、7月16日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。

 まずは、先週出したナゾナゾの答です。 「問題 高い山に登るときに持って行くといい電化製品は何だろう。」 答は、盗聴器(登頂器)です。基本的に小学生用のナゾナゾですから、あまり目くじらを立てないでください。

 さて、今週の話題です。私事ですが、車を買い換えました。15年間使った今までの車が、いよいよ断末魔の悲鳴をあげ始めたので、仕方なくです。今度も買ったのはカローラフィールダーです。ひんしゅくを買うとわかっていますが、私は授業中、ヨダゼミの木村拓哉を自称しております。キムタクが宣伝しているからという訳ではありませんが、何となくこの車になりました。

 もうこの年になると、あまり車に思い入れはありません。しかし、いくつか条件があり①4ドア(5ドア)であること、②スタッドレスタイヤ3セットが入ること、③全長4.5m以内であること、④前輪駆動であること、と考えていくと買える車は限られてきます。さらに、車に思い入れはないと申し上げましたが、私が唯一こだわる点が「マニュアルトランスミッション(以下MTと略)であること」です。これらの条件をすべて満たす車というと、フィールダーしか残りませんでした。

 MTにこだわるのは、私が走り屋だからというわけではありません。ジジイになったのでペダルの踏み間違いが怖いから、というのは冗談ですが、2ペダル車は何となく好きになれません。それに、私は根が貧乏性なので、CVT車より12万円も安く買えるという点にひかれてしまいました。現在では、カタログ上だけでなく実燃費という点でもCVTがMTを凌駕している、という専門家もいますが、今まで培ってきた私の超絶テクニックをもってすれば、実燃費もCVT以上の数値をたたき出せると思っています。

 しかし、スポーツグレードでもないのに、MTが選べるというのはすごいことです。フィールダーも、トランスミッションはCVTに一本化した方が設備的にもコスト的にも有利でしょうに、MTも残しておけると言うところにトヨタの余裕を感じます。さすが世界一の自動車会社です(昨年はわずかな差でフォルクスワーゲンにかないませんでしたが)。

 以前、経済評論家の森永卓郎先生は「日本で一番経済的な車は、軽でもハイブリッドでもない。総合的に見ればカローラフィールダーである」とおっしゃっていました。今、森永さんが一番経済的だと考える車は何なのでしょうか。気になります。私もライザップに入会すれば教えてもらえるのでしょうか。

ナゾナゾ [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、7月9日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。

 私が毎週担当する授業に、月曜日の小6理系クラスがあります。名前の通り、算数や理科に関する授業を行うクラスです。授業中の生徒たちは集中して問題に取り組んでいますが、終了時は私がナゾナゾ、クイズを出題して、授業で疲れた頭脳をリラックスさせるという流れになっています。ここ最近は、何となく家電製品にちなんだナゾナゾを多く出題しましたので、今週はみなさんにもそのうちのいくつかを解いていただこうと思います。それから、小学生のみなさんはじっくり考えてもらって構いませんが、保護者のみなさんは大人ですから制限時間をつけさせていただきます。では以下の問題に、大人のみなさんは各1分以内で答えてください。

 第1問 どれにしたらいいかいろいろと迷ってしまい、なかなか決断を下せない人が使うといい電化製品は?
 第2問 この電化製品を使うと、なぜかウッカリミスが多くなる。何という家電品?
 第3問 この電化製品を買うと、もれなく女の子が一人ついてくる。この電化製品は何だろう?

 どうでしょう、簡単でしたか? 答は第1問が洗濯機(選択機)、第2問が加湿器(過失機)、第3問が除湿器(女子付き)です。もちろん、私のオリジナルではありません。私もどこかで見たことがあります。では最終問題。これは私が見たことはありません。おそらく私のオリジナルではないかと自負しています。大人の制限時間は同じく1分です。
 
 第4問 高い山に登るときに持って行くといい電化製品は何だろう。
 
 この答は来週発表します。

HIGH RAIL1375 [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、6月25日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。


 先週の23日金曜日に、今度はN中学校にティッシュ配布に行きました。1学期期末テスト対策の勧誘です。もちろん、許可をいただいております。早朝、6時45分から配布し、7時20分にはティッシュが無くなってしまったので終了にしました。帰りはぶらぶらと中込駅まで歩いてきました。

 私はオタクと言うほどではありませんが、鉄道好きです。ちょうど7時38分着の下り普通列車がやってきたので、踏切の外から眺めていました。その列車が発車するのを見届けてさて、帰ろうとすると、いきなり踏切が鳴り出しました。変です。時刻表によれば、この時間に発着する列車は先ほどの下り列車しかありません。おかしいなあと思って見ていると、車庫から前面が青、側面が白地に青というカラーリングの見慣れない列車が出てきました。あっ、あれは確か、昨日の信濃毎日新聞の記事で見た列車です。HIGH RAIL1375(ハイ レール イチサンナナゴ)という観光列車です。この日は試運転をするようで、駅構内で入れかえ作業をしていました。もっと見ていたかったのですが、予定があったので早々に帰宅しました。

 パソコンで検索してみたところ、この列車は7月から始まる信州デスティネーションキャンペーン(信州を旅行先としてPRする観光キャンペーン)の一貫として企画されたものだとわかりました。名前は、標高の高さを表す「HIGH」、線路の「RAIL」、JR線標高最高地点「1375m」を組み合わせたものだそうです。

 純粋なディーゼルカーを使った観光列車としては、飯山線を走る「おいこっと」の方が先輩ですが、HIGH RAIL1375も「天空に一番近い列車」を標榜し「天空」、「星空」をイメージする戦略でデビューするようです。特に「星空」には力を入れるらしく、車内に天文関連書籍を展示したり、半球型ドーム天井に映し出す星空映像(なぜかプラネタリウムとは言いません)を売りにするようです。オリジナルブランチやスイーツが提供されるプランもあり、その場合でも料金は5000円前後ですから、先頃営業運転を開始した「トワイライトエクスプレス瑞風」や「トランスイート四季島」の100万円前後の旅行代金からすると非常に手頃です。7月1日から営業運転を開始するそうなので、機会があったら乗ってみたいと思います。

 ところでこのHIGH RAIL1375というネーミングは、JR関係者が狙ったのかどうか不明ですが、来年1月以降も走るようなら、受験生にも人気が出そうです。「入れーる イチサンナナゴ」と読めますから。

ティッシュ配布に行きました その3 [今週のコラム]

 私どもの塾では毎週、ご希望のあったご家庭にメールマガジンを送信しています。その中に「今週のコラム」というコーナーがあります。今日は、6月25日号のメルマガコラムを転載します。今後も折を見て転載していきます。なお、ヨダゼミ生の保護者の方で、メルマガ送信を希望される方はヨダゼミ佐久教室(担当:岩波)までご連絡ください。

 三週連続で同じ話題になってしまい申し訳ありません。今週もティッシュ配りの話にします。前回のコラムで、私がS小学校前でティッシュ配布をしたところ、パトロール中の警察官に怪しがられたというお話をしました。ネタにできると喜んだ私は、その話を私が職務質問されたと誇張して、担当する授業のクラスで次々と話
していきました。そのくらいうれしかったのです。
 
 佐久教室の中2クラスの授業でも、もちろんしました。このクラスではその話をした後、1学期期末テスト対策授業も迫っていたこともあり、こう言いました。「今度は中学の期末テスト対策のティッシュ配布に行くからね。多分、A中、S中、M中あたりまでは行くから、みんなよろしくね。あー、また職務質問されないかなあ」と言ったところ、A中のM君がこう言いました。「わかりました。今度先生を見かけたら、不審者として警察に通報してあげますよ。」 
 やめてくれーっ!
前の10件 | - 今週のコラム ブログトップ